マイクは左手

ステージで輝く彼らは

林真鳥(30)

 

 

真鳥くん、お誕生日おめでとうございます。

 

いや~~~~~~30歳だよ!30年間生きてくれてありがとう、アイドルという道を選んでくれて、振付師になって、そしてSNSを始めてくれてありがとう。

 

昨年のまとくんおたおめブログのときには「もうおたおめブログは最後かな」と言っていましたがウッソでーす!嘘でした!うれしい誤算ですよ、こうして書けるなんて幸せだな。

 

 

 

29歳、振付師として歩みだした一年はどうだった?

まとくんがアイドルを卒業すると発表してから今まで、イラストを担当したよ~とか、振付担当したよ~と色んな人たちから聞くたびに、まとくんが第二の人生を歩んでいることを知れてうれしかったな。生きてるんだな〜って!

たくさん仕事ができたらいいな、得意なことややりたいことができるだけ仕事に結びついていたらいいな。元気かな、元気だろうな!幸せでいるかな、きっといつでも幸せそうだろうな!なんて考えながら過ごしてきたよ。

 

生きていてくれたらそれだけでいい、幸せであってくれたらなおいい。真鳥くんがどうか元気に幸せでいてくれますように。

なんて祈って過ごしていたら、2020年4月16日、電撃のSNSデビューーーー!!!

いや、まさか、こんな日が来るなんて思ってなかったんだけど!?いつかどこかの未来で、超有名振付師としてデビュー組の紹介でTVに出たりしたらうれしいな~それまでは顔見れないだろうな~~~~なんて!思ってたのに!!!早ッ!!!!!

いやでもね、顔が見れて本当はとてつもなく寂しかったんだと痛感したよね。まとくん~~!久しぶり~~~!!!(泣)

 

 

コロナ禍でまじで色んな現場がつぶれにつぶれまくって必死の思いで当ててきた数々のチケットがただの紙屑となり、私が生きる意味となっているものを世間が不要なものだとバッサリ切り捨ててくるのが本当に辛くてしんどくて。友達とも会うことができず、家に引きこもるばかりの日々…の中で突然のハッピーニュース!!林真鳥SNSデビューー!!!

 

まとくんは優しい人だなと改めて思ったよ、そういう優しさも私は大好きだったんだ。まとくんが世の中に振りまくハッピーを浴びて、私は今日もハッピーだよ!

 

まとくんはSNSやっても「失言するかも…」「倫理観問われてしまうかも…」とかネガティブな心配が一切いらなくて、そして実際ここまでとくに炎上することなく運用していて、まじで安心安全最高品質の林真鳥。マジで裏切らないわ~~大好きですね。

インスタライブするにしても、うわ~~めっちゃ好きなまとくんなんですが…の連続だし、まとくんはすごいなほんと。

まとくん、マジでいい意味でオタクの二次創作みたいな存在で「これは公式?いやさすがに二次創作…いえ公式です!!」みたいなことがよく起こるから本当に笑ってしまいますよ。

インスタライブで「ウィンク?そいうのはせぇへんよ」からのバチっとウィンクとか、そいういうの林真鳥がすぎるんよ。

 

 

まとくんがどこかで元気に生きていてくれさえすればそれだけでいいと思ってきたけど、その姿を見れるなんて、なんて贅沢なんだろうか。

ただ、嫌になったら、疲れたら、忙しくなったら、SNSは辞めようと思ったら、すぐに辞めて大丈夫だからね、もう今はボーナスステージのようなもんだから、これだけで十分だよ。

 

正直な話、初めておたおめブログを書いた3年前は30歳を超えたまとくんを見ることは難しいかもしれない、と考えていた。

それまでの無所属のジャニーズJr.は30歳を超える前に辞めていたし、当時関西のメインを差し置いてデビューしたり今から役者路線に行くようなことは考えにくかったから。

 

だから今、奇跡みたいな未来に私はいる。30歳を越えるまとくんを見ることができて、それを堂々とお祝いできるんだ。

この奇跡は他の誰でもない、まとくんが選び掴み取ってくれたものだ。

まとくんは本当にかっこいい人だ。

 

 

29歳のまとくんもかっこよくて天才で最高だったな〜。

30歳のまとくんもきっと素敵なんだろうな~楽しみにしてます!

早く金髪にできる日がくるといいね、それが見れたらまた私は世界一の幸せ者になってしまうなぁ。

 

じゃあまたねー!まとくん大好き!

 

p.s.

まとくんデザインのグッズが買えるのめっちゃ願ってた未来だよん、ありがとうね。

f:id:uraokaya:20200829212623j:image

 

 

救世主、林真鳥

 

 

 

2019年以上に予想外のことばかり起こる2020年。

新型コロナの件で世界中が大混乱だ。巻き込まれどんどん暗くなっていくとき、まさか真鳥くんがあらわれるだなんて誰が予想していただろうか。

 

 

第一報は仲良しの友達からのラインだった。

「ちょっとまって はやしまとりSNSはじめた」という、友達の混乱が伝わってくるラインだった。

いつもだったら仕事中でも秒で反応するのに、運悪くこれに気づいたのは6分後。眠いなあと思いながらダラダラ仕事していた目が一気にさえて心臓が勢いよく脈打っていった。

 

ツイッター開いてTL確認、私の関西担だらけのTLなら絶対誰かがRTしてると思ったからだ。

 

 

もう見た瞬間に「好き」で頭の中が支配されてようやく2020年の春が訪れた気がした。去年だってそうだ、まとくん卒業ブログ読んでようやく春を迎えたんだった。

でも本物か?って確認しようと思っても、誰もフォローしてないし知り合いのフォロワー欄はクッソ多いしな~ってプロフ見てたらインスタも同時に開設&同じ投稿がされてた!こっちで弓束さんフォローしてる?!って思って見てみたら投稿にいいねついてた!よっしゃ本物確認―――――――――!!!!!本当にいつもいつも弓束さんにはお世話になっておりまする…。

 

 

もういい、2020年を恨んでいたけど許そう。真鳥くんを見れたことが幸せだ。

最後に見たのは20193月末のごっつええやんに載っていたオフショ。それから1年以上もまとくんの顔を見れていない。

相変わらずかっこいい本当に大好き世界で一番大好き!!!!!!!!私の好きを全て煮詰めて固めたらまとくんになるっていうぐらい大好き。

 

 

いや~~たまらずまとくんにリプライしてしまったけど、ごめん、ヘッダー7MEN侍のタオルだ。まぁでもこんな星の数ほどいるオタクのことなんて見てないよね!いいや!笑

 

ようやく見れたまとくん、本当に大好きだよまとくん。もう何もかもが大好きなんだ。まとくんが元気そうで、それもすごくうれしいよ。

 

まとくん、じゃあ、またね!!!!

 

 

 

ファンサもらった話〜2018年まで

 

 

 

フォロワーさんの真似です!!

ちまちま記録用につけてたのを見せられる程度に編集したもの。だから見苦しいよん。

ファンサもらった話だから苦手な人は閉じてー!

2019年なんで書いてないんだろう…と思ったらメンタルズタボロになってファンサ記録のこと忘れたんだよなぁ()

 

 

続きを読む

2019年現場まとめ

 

 

2019年、現場まとめ~!

f:id:uraokaya:20200108234236j:image

なんだかんだもう2019年も終わってしまう…ということで今年の現場総括です。関西のオタクから東京のオタクへと変わった大変革の年でしたね~人生何があるかマジで分からんな!(毎年言ってる)

終わらなくて年明けてしまった!wwww

 

信じられないぐらい長くなってしまったのでテキトーにピックアップ目次↓ 

 

 

続きを読む

林真鳥(29)

 

 

真鳥くん、お誕生日おめでとうございます。

 

29歳だね~!この一年、どうだった?

 

28歳の真鳥くん、怒涛だったね!?

誕生日を迎えた頃は、雑誌にも載らず…梅芸に出るのかもわからず…だったのに、duet特別盤に載ると告知されてから、瞬く間にアイドル雑誌に再び載るようになったんだよね!

いやーーやっぱりな!せやろな!まとくん絶対こんなところで終わらないもんねー!って思ったことが昨日のようだけど、もうすぐあれから一年経つんだなあ〜

 

その後、梅芸での関ジュコンではたくさんの出番があったり、ポスターに載っていたり、自分が出ない曲や全体での曲でも振付をしたり、2018年夏までの状況からは全く想像してなかった仕事っぷりで、めっちゃびっくりした!

梅芸でのコンサートを振り返るときに、「ここも、ここも、ここも!選べないぐらい見るポイントと最高の曲がたくさんあったな!」って思えたのがとても嬉しかったな〜

 

同じ年のあけおめコンでは片手で収まる出番だったし、それからのこれ。ほんとーーーに嬉しかった。

 

そのあと、クリパで松竹座に再び立つ真鳥くんを見れたのも、嬉しかった。

梅芸のときに「こんなに扱いがいいなんてまた松竹座に立つかもしれないと期待してしまうのが辛い」とか舐め腐ったこと言ってたんだけど、いや~~おかえり!おかえり真鳥くん!!!おかえりって言えたの本当に嬉しかったんだ。

あと個人的にはまたファンレボックスでファンレター入れられるのも嬉しかった。あと、ファンレ芸人の集大成的封筒も作って入れられたのも嬉しかった!笑

 

そして年が明けてあけおめコン。18年地獄のあけおめコンの記憶が鮮明だったからOP映像に不在の時点でキレかけてたんだけど、全編通してまとくんたくさん出番あったし、それにNightmareの真鳥くんかっこよすぎて全部ふっとんだ。

しかもアクキーも発売されたし!!!アクキー発売されたの本当に嬉しかったなあ。

ってかこのコンサート映像発売されるもんね!?いや〜…革命だよね。

 

なんかさ~、梅芸以降の演出というか構成という…いろいろが無理すぎて。「P、あんたが降りるか私が降りるかどっちが先かな(吐血)」とか思ってたぐらいには思いつめて毎回コンサート行ってたんだよね。まとくんの扱いが梅芸以前とは比べものにならないぐらいよかったから、本当は感謝しなきゃいけないんだよなっていう思いもあったから余計にしんどくて。

でもね、あけおめコンの帰り道、なんとなく「私、アイドルの真鳥くんがめちゃくちゃ好きだなあ」ってしみじみ思ったんだよね、ほんと突然。

だから絶対、何があろうとも真鳥くんの味方でいよう。って心に誓った。

まあそのあと歌舞伎ZERO不在ツアバ不在で心が折れるんですけどね!(爆笑)

 

でもその心が折れても割とすぐ復活したのは、いやいうてなんとかなるし、まあまとくんのこと変わらず好きだし、こんなことで負けるの腹立つっていう理由だったんだけど。

 

28歳の真鳥担当は、わりと波乱万丈で。

でも、何かあるたびに「真鳥くんのことめちゃくちゃ好きだし、真鳥くんのこと信じてるし」って頼まれてもいないのに勝手に復活して勝手に走ってきたんだよ。

 

アメリカに短期留学して、春松竹が始まって。とっくに留学から帰ってきてるはずだけど松竹には真鳥くんの姿はなくて。かつて同じ括りにいた子たちの道はそれぞれ分かれて行って。

Jr界隈の大変革がどんどん起きていくなか、とくに何の知らせもなくて。

息をひそめながら、まとくん元気にしてっかな~なんて過ごしていたら、卒業が発表されて。

 

28歳の真鳥くんを一生懸命追って見ていろんなことを考えることができてよかったよ。

いーーや、それだけじゃないね。26歳の初めて私が好きになった真鳥くんからジュニアを卒業するまでの真鳥くんを沢山見れてよかったなあって、何度も何度も思ってる。今だって思ってるんだよ!

私が好きなアイドルの真鳥くんは、ファンを不安にさせない人だったんだけど、最後までそうだったよ。最後まで私の好きな真鳥くんだった、いや~まいっちゃうな、今でも大好きなアイドルなんだもんな。

 

で、卒業してからのまとりくんなーー!!!!

いやめっちゃ生きてるじゃん!!笑

生存反応めちゃくちゃある~~~!笑

見学にいったりとかさ、Aぇの単独公演のエンディングのオフショにガッツリ写ってたりさ、デザインの仕事してたりさ、めちゃくちゃ生きてる。すんごい生きていることを実感している。

 

まとくんがデザインした、たまアリで発売されてたなにわ男子のTシャツ。本当に嬉しかった。まとくんの才能を生かした仕事ができてるんだなって分かったし、まとくんがデザインしたグッズを買いたいっていう夢が、まさかジュニア卒業したあとに叶うなんて思ってもみなかったから。

生きててよかったと、生きてるといいことって本当にあるんだと心から思った日だった。

 

夏もほんとよく色んなところに見学行ってたね〜!その知らせを聞くたび、生きてるんだなあって嬉しくなってたよ。

だから思ったよりまとくんのこと毎日思い出すんだけど、やっぱりまださみしいね〜。まとくん、生きてるね〜でも、もう見れないんだなあって。思ってもしょうがないことばっかり頭に浮かぶ。忘れたら嫌だなあって思いながら、外周に立って踊る真鳥くんを思い浮かべて、あーまだ覚えてるって思うんだけど、これ本当にオリジナルの記憶なのかな?まあ、それを確かめることはもうできないんだけど。たとえ思い出すたびに本当が何か分からなくなっていったとしても、今日も忘れたくなくて、スタンドから眺めたまとりくんを、アリーナから見上げたまとりくんを、花道から歩いてくるまとりくんを思い出してる。これがいつか、懐かしいなって思う日が来るんかな?

 

なんて、色々と思いながら寂しさごと丸々抱えて真鳥担やってるよん✌️まとくんが思ってるよりも(?)私は図太く真鳥担として生きてます。全然まだ真鳥担で笑っちゃうんだけど、そりゃそうよ、だって運命の自担だし。

 

まとくんがアイドルだったころ、私はよくファミクラに郵送するファンレを書いていて、春松竹に真鳥くんがいなかったときにすぐ書いたファンレが「真鳥くんがどんな道を選択しても絶対に私は味方だし応援します」っていう内容だったんだよね。

その気持ちは今でも変わらないよ、まとくんのことが変わらず好きだからね。

 

まとくんはさ~最近何してる?私はほかのJr.の子たちを応援したり、芸人の顔ファンやったり、相変わらずだよ。

まとりくんが元気だといいな。真鳥くんはどうやってもハッピーエンドを迎えそうじゃん?だから幸せになってね~ってよりも、健康でいてくれ~ってよく思ってる。

 

 

 

28歳、どうだった?私が知る28歳の真鳥くんは、最高のアイドルだったし、私が好きなアイドルだったよ。

 

29歳の真鳥くんはどんなかな?私の目では直接確認できないのが寂しいけれど、元気に仕事して楽しんでやりたいことを1つでも多くやれてたらなによりだよ!

29歳のまとくんとも、見学被ることはないね。きっとニアミスなんだろうな。仕方ない、私とまとくんってロミジュリだからね。

「まとくん生きてんねwww」ってツイート、させてね!元気でね!でも多分、まとくんおたおめブログは今回が最後かな〜?とか言って来年またあげてたら笑っちゃうな!

 

 

じゃあ、まとくん。

お誕生日おめでとう!大好き!

 

 

 

 

 

 

街コンで出会った男にアム◯ェイ勧誘されて爆笑

 

 

 

昨日でまとくんがアイドルを卒業して一ヶ月が経ちました。

一方その頃私は、街コンで出会った顔が抜群に良い男にアム◯ェイの勧誘を受けていました。

 

 


………………いや爆笑では!?wwwwww

 

 


最近私がよくツイッターで話していた顔が抜群に好みのチャラくないまとくんみたいな男、なんでこんなに顔がよくて優しくてコミュ力高いのに彼女いないんだろう〜?背が低い方だからかなぁ〜?
→アム◯ェイwwwwwwwww


まともに彼氏でも作るか!って一念発起し、友達誘って地元の街コンへ。そこで出会った顔のいい男、しかも青い服を着てきた、いやー運命だろ!好きですね!ってなわけで私から誘って、何回がご飯に行って、優しいしなんとなく私に気がある感じがしてきたなあ、なんて思ってたらアム◯ェイの勧誘。

 


男「アム◯ェイって知ってる?」
ワイ「(知ってるしクソなのも知ってるし友達が勧誘されて困ってトラブってたよ)あ〜〜…友達が勧誘されてて困ってたなぁ、って感じで知ってるよ〜」
男「ちゃんと説明させてほしい」
チョロオタ代表のワイ「(その顔をあと数時間眺められるんなら)いいよ!」

 


顔がいいと何もかもを許してしまうチョロオタなので、その男の家にまでのこのこ付いて行って、ガッツリ説明を受けた。あーなるほど、残念だったなあ、私は世間を斜めに見てる嫌な女だし仕事柄めちゃくちゃ疑い深いし怪しいものはたくさん知ってるし見てきた。だからそのアム◯ェイで買い物をするのは咎めないけど、稼ごうとするのは無理だと分かるよ。まあ誰でも分かると思うけど。


と、アム◯ェイで稼ごうとしているこの男の顔を愛でながら説明聞いていた。は〜〜顔がいい、その綺麗な二重幅が最高、顔のバランスが素敵、まつげなっが〜〜!って思いながら見てた。
アム◯ェイをしているってことを聞いて真っ先に思い浮かんだのは

 


じゃあもっと私にリア恋営業かけろよ!!!!!!!!!!!

 


でした。


はぁ〜〜〜〜!?なめてるんですか!?あんたの目の前にいる女なんだと思ってんの!?接触もできない好きなアイドルのために自分をその人の好みに染め上げて改造するわ、新幹線のチケットは捨てるわ、写真ばかすか買うわ、CDもガンガン買うわ、チケット持たずに遠征きめるわ、全国飛び回るわ、基本的に金に糸目をつけないし貯蓄しようっていう気持ちがないんだわ!!!!金は使ってナンボ!!!!!好きな男のために使えりゃ本望!!!!!!!
バカなの!?もっとリア恋営業かけろや!!そしたら私気づかない間に契約してましたけど!?今でさえも付き合ってくれるんなら月3万円あなたのためにアム◯ェイで買い物しますけど!?なんなら付き合わなくていい抱いてくれるだけでもいいしキスしてくれるだけでもいいしハグだけでもいいしもっとお前はその顔使ってリア恋営業をかけろよバーーーカ!

 

おっといけないヒートアップしてしまった。

 

まあ、というわけで、昨日アム◯ェイだと判明したとき「こりゃ、今回の顔が抜群にいい男に惚れた話のオチが出来たな!」って思った。そんでそれを今日オタクの友達に話してきて、いかに契約せずに付き合ってもらうかについて話してたんだけど、一旦冷静になったオタ友が「そのayakoのリア友のアム◯ェイでトラブった子に今電話して相談してみよう」って提案してくれて、リア友に電話した。

 


リア友「ぜっっっっっったいやめた方がいい。え?今日の夜会う?やめなやめな!ayakoチョロいんだから絶対会ったら契約するよ。安いしいいかって思って商品買うよ、チョロいんだから。その安くていいか、ですまなくなるんだから。今後しつこく勧誘されるよ。」
ワイ「でも…本当に顔が好きで…」
リア友「顔のいい男なんていくらでもいる!!そんなんならジャニーズに金使ってる方が健全!もうキスマイのコンサートに行けなくなるよ!?いいの!?」
ワイ「やだ〜〜〜〜😭」
リア友「でしょ!?絶対やめな、そんな人と付き合って欲しくない、他にいい人絶対いるから。どんなに顔がいい男でもダメ、アム◯ェイ進めてきた時点で悪いけど付き合う気がない」
ワイ「やっぱり〜〜😭!?」
リア友「もうラインブロックしな、今日会うのもやめて次のご飯の予定もキャンセル。予定キャンセルのメッセージ送った時点で返事待たずにブロック、その連絡先を削除。いいね?」
ワイ「うん、わかった…」
リア友「ラインをブロックする」
ワイ「ラインをブロックする」
リア友「金輪際会わない」
ワイ「金輪際…会わ…会わない😭」
リア友「絶対ダメだよ!いいね!!ブロックしな!!」

 


と、至極真っ当なことを言われて私もオタ友も冷静になり「会うのはやめよう、付き合うなんてもってのほか、ブロックしよう」という結論に至り、会う予定キャンセルしてブロック&連絡先削除〜〜!!!

 


私結構好きだったんですよ…
顔が抜群に良くて、面白くて優しくて。めっちゃまとくんじゃん無理!好き!みたいなところがたくさんあって。でもそりゃ優しいよ、アム◯ェイに誘うために見極めてくるんだから。当たり前やんけ。そんで、その好きなポイントは結局まとくんありきじゃんか、そこもどうなんだよ自分…


数億年ぶりに現実世界にまともに好きな男ができたと思ったらこれ、呪われてんのか…?(いいな〜って思った人が友達の彼氏だったこともあったし、紹介されていいなって思った人はその紹介してくれた友達と結局付き合ったこともあった呪われてんのか?)

 


結論:顔が良くてもアム◯ェイはダメ

 


みんなもこの呪われお姉さんayakoと約束だぞ!!いいか!顔が良くても全部を許しちゃダメだぞ!!!アム◯ェイ、ダメ、絶対!

 

 

 

私の真鳥くん

 

 

 

あーーーー、好きだよ。見るたびに、思うたびに、好きが募っていって。この2年、たった2年、たった2年だけど、2年分とは思えないほどのたくさんの愛と幸せをまとくんからもらった。
私はまとくんを愛してたし、まとくんも私を愛してくれていた。自分を愛し、ファンを愛す、それが私の知ってる関西ジャニーズJr.の林真鳥。私の運命の自担、アイドルの天才。

 


あのときまとくんを見つけたのは確かに私だけど、まとくんも私を見つけてくれた。ありがとう、本当に幸せだった。

 


去年のWESTival福岡、地獄のあけおめコンの後初めてのツアバ。ここにいるのが(バックに付くのが)正解なのかなあ、なんて幕が上がるまでは思ってたんだけど、出てきたまとくんを見た瞬間にそんな考えが吹き飛んだ。「まとくんがいるところが正解だ」と、考えるよりも感じられた。
だからね、まとくんが選んだ道なら間違いないよ。前向いてるから!と言ってくれて、新しい道にワクワクしてるまとくんが頼もしくて、大好きだ。


でもねーーーなによりも「アイドル」のまとくんが大好きで大好きで大好きな私なので、寂しくて多分しばらくは泣いて暮らすよ。だってまとくん私の運命の自担なんだもん、大好きなんだもん、見れなかったら寂しいもん…

 

 


踊ってる姿も、歌声も、うまいこという賢さも。その、色白い肌も綺麗な二重も、薄い唇も、綺麗な指先も。まとくんの全てが好きだった。


一瞬も忘れたくなくて、全部を覚えていたくて、目に焼き付けようとめいいっぱい見ていた。ファンサをねじ込んでいたり、たまーに振り付け間違ってたり、お客さんを盛り上げてくれてたり、一挙一動、全部が愛おしくて。楽しそうで…そう、いつも楽しそうなの、まとくん。だから、まとくん見るといつも楽しくって笑ってたなあ。


外周にいるとき、メンステにいるとき、松竹座にいるとき、雑誌に出てるとき、テレビに出たとき。全部全部好きだった。


夜行バスで帰ってきてそのまま出勤したフワフワした感覚、ファンサもらってバクバクと心臓がたてた音、デカイ双眼鏡を構え覗いた重み、なにもかも、なにもかもが大事で特別な宝物だ。


「ステージに立つことは一番好きな時間」と言ってくれて、嬉しかった。私もね、ステージに立つまとくんを見ることが一番好きな時間だったよ。


まとくんのことを想わない日はなかった。多分、これからは少なくなるんだと思う。でも、まとくんを愛していた日々を、まとくんに愛されていた日々を、忘れはしないし、この先も消えない。まーそりゃー消えませんよ!なんてったって私ピアス開けてんだからな!笑

 


私が見た最後のまとくんは、あけおめコン2日目の2部。笑顔のまとくんが好きだから、笑ってるまとくんが最後に見たまとくんのでよかった。最後だと思ってたなかったから、おそらく、だけど!ごめん!!!!笑

それに初日ガチャは白星で終わったんだよ!!全体で見たら白星のが多い、やったね!勝ち越しだよ!

 

 

 


いやー暇なオタクなのでジャニーズweb見るのが日課なんだけど、仕事終わって見たら日誌更新されててまとくんがJr.卒業して振付師になるって言うし、18時越えてるからジャニショには行けないしプロフ見たら削除されてるしそれならおそらく明日には写真撤去されてるし…


で、何したいだろうって思ったら、まとくんに好きだと伝えたいなと思って、そんなんもうファンレ書くしかないなと。私の真鳥担生の中で、ファンレは大事なものだし。
書きながらこれが最後か…と思うと手が震えてくるし書き終えるのが寂しくて終わりたくなくてまだ書きたくて結局今までより一番長いファンレになった。
そんでさっき、速達で出してきた。届きますように。
あーーんなに書いたのに、郵便局に向かう車の中で書き忘れてたこと思い出して慌てて封筒に書き足した、ごめん、最後なのにカッコつかないよね!?でもまあ、私らしくていいかあ、と思ったし書かなかったら後悔しそうだから書いた。


まとくん、好きだよ。
これから先も、どうか自分のことを愛して愛されて幸せな人生を送ってね。送れそう!めちゃくちゃ送れそうだな!!私がそんなこと言わなくても絶対送れそうだけど、言いたいからいわせて。どうか幸せな人生を。
今までアイドルとして長く生きてくれてありがとう。たくさんの人がまとくんに幸せをもらったよ。


ステージにいるまとくんを見上げるのが好きだった。これからはそれと同じ目線に、まとくんは立つんだね。
そっかあ…そうなんだね。

 


振付師としての林真鳥くん、応援してるよ!なんてったって、私、生涯真鳥担宣言してるからね!勝手に!


私は私で勝手に楽しみを見つけながら日々を生きていくね。大丈夫、真鳥の女は強いよ。

 

 


じゃあまたね!まとくん、大好き!

 

f:id:uraokaya:20190411225248j:image